デザインプレゼンテーション

デザインプレゼンテーション

4時間(面接含む) / B3ケント紙(KMKケント)+デザイン用紙(PMパッド)1枚 / 鉛筆、12色色鉛筆(支給)

課題
私たちの生活に必要と思われる「通貨」に関わるものをデザインしなさい。ただしデザインの基本形態は「四角形」とする。
条件
  • 1.用紙は2枚あります。PMパッド(薄い紙)はアイデアメモとして自由に使い、ケント紙には最終回答を記入すること。
  • 2.表現方法は自由、用意された色鉛筆と鉛筆を使用すること。
  • 3.横位置にて使用すること。
  • 4.用紙は2枚とも提出とし、2枚の内容を総合評価とする。
  • 5.定規・コンパスは使用不可。
デザインプレゼンテーションアドバイス
日常生活の中で普段なら見過ごしてしまうことに注意深く目を向けてみましょう。目に入る印刷物、広告や標識には何も問題はないのか?普段使っているモノや空間は本当に使いやすいのか?そんなことを考えながらすごしてみると様々な問題を発見できるはずです。更には自分がもし幼児だったら?お年寄りだったら?性別が逆だったら?日本国内ではなく海外だったら?と視点を変えながらものごとを観察してみると、もっと多くの問題が発見できるはずです。発見できたらその解決方法を色んな方向から検討してみましょう。いいアイデアが浮かんだと思ってもそこでやめずに幅広く展開してみてください。次はそれをどのように伝えるかを考えましょう。デザイナーは絵や文字を使って、自分の考えをわかりやすく相手に伝えることができます。自分の考えをまとめて描いたものを第三者に説明せずに見てもらいましょう。うまく伝わらなかったら言葉で説明してどこが分かりにくかったかを考え、再度描いてみましょう。「問題を見つけ、解決案を考え、相手に伝わりやすい表現にまとめる」その繰り返しがデザインの訓練になります。
  • 解答例A

    解答例A

    お金の価値を子供に学習させるという着眼点が評価されました。併せてその提案の説明(1枚目)が簡潔でわかりやすくまとめてあることも高評価につながっています。わかりやすいタイトルや使用者のイラストをうまくつかってあるところ、おてつだいの種類カードの裏にお金の大切さを書いてある点も面白いです。2枚目のアイデアメモ用紙には「通貨」の分析が細かくなされていて、数多く抽出された問題点から最終提案物である子供のお金に対する価値観の学習というアイデアの流れがこちらにもわかりやすく伝わってきます。欲をいえばもらったお金を大事に使う工夫までのアイデアが振り込まれていれば更に高評価になったかと思われます。

  • 解答例B

    解答例B

    「通貨」という課題に対してそれを使う「場所」を中心に提案した作品です。現状の銀行の問題点を挙げながらそれに対するスペースを提案してくれました。室内の内装から什器、外観から周辺スペースである駐車場までをも含む広範囲な提案でしたがわかりやすさを心がけてよくまとめてくれています。
    ただし、メインコンセプトとして謳っている「暖かい雰囲気の演出」という点において提出物からは少し物足りなさを感じるのも事実です。言葉だけではなく見てわかる表現が欲しかったです。

  • 解答例C

    解答例C

    「通貨」という課題に対して問題点を「モノ」で解決を試みるという提案です。視覚障害者や小さな文字の読みにくいお年寄りや子供を対象にした価格を知らせたり貨幣の額を読み上げたりしてくれる機械ですが「通貨」の関わるシーンにおいて弱者への配慮と解決案が明確に示されている点が評価されました。また2枚目のアイデア展開は乱雑でありますがびっしり書き込まれていて様々な角度から考察されたことが伺えます。具体的にどのような機構で対象物を読み取るかまでの解説はありませんが使い方の解説がわかりやすく表現されているので十分です。使われるシーンに対象物を表現するイラストが提示されているともっとわかりやすい回答になったでしょう。