鉛筆デッサン

鉛筆デッサン

3時間 / B3画用紙

※2017年度よりデッサンは4時間に変更となります。

モチーフ : 酒瓶x1、箱x1、ふきんx1
課題
与えられたモチーフを台紙の上にセットし、鉛筆でデッサンしなさい。定規、コンパス、デッサンスケールは使用不可とする。※はかり棒は使用可。スケッチブック等、下書き用の紙は切り離した場合のみ使用してよい
条件
  • 1. 机の上に置いてある酒瓶を箱から取り出し、箱、酒瓶、ふきんをすべて組み合わせること。
  • 2. 台紙は描かなくてよい。
鉛筆デッサンアドバイス
デッサンは短時間の練習でうまく描けるモノではありません。計画をたて、基本に沿った練習をコンスタントに行って下さい。まずは円柱や立体など基本形を正確に描けるように心がけてください。対象物をよく観察して形状や素材感をじっくり分析してみてください。最終的には自分でモチーフを組み、試験時間にあわせた練習で自分のペース配分を把握しておくことが大切です。
  • 解答例A

    解答例A

    実際には蛍光灯の光源で描いていますが、光の方向を定めて立体感を出しています。モチーフの面と向きと光(と陰影)の関係を理解して表現しています。構図の定石では画面に動きを与えたいところですが、敢えて主役となる陶器瓶を正面に向かせて中心に据え、箱とふきんもシンメトリーに配置しているため存在感があり挑戦的です。

  • 解答例B

    解答例B

    美しい光と空間や奥行きがうまく表現されています。白い空間に置かれた状況を描くという意識が感じられ、モチーフの固有色、光の現象を良く観察し、素直に丁寧で心のこもったタッチで描いています。瓶の逆光で湿った雰囲気と、瓶と箱とふきんで構成した三角形の奥に抜ける空間に、心地よい明暗と乾湿の対比があり、印象的です。

  • 解答例C

    解答例C

    画面に対して全体の大きさや収まりが良く安定しており、色味や質感も感じられます。箱に印刷された丸いロゴ、陶器瓶の底と□印の部分に狂いがあります。ベースとなる楕円の形を正確にとってから形をのせるといった基本的な捉え方も大事です。大きなプロポーションや全体的な印象、パース等は比較的良く描けています。