鉛筆デッサン

鉛筆デッサン

4時間 / B3画用紙

※2017年度よりデッサンは4時間に変更となります。

モチーフ : 計量カップ、荷造り紐、木製ハンガー
課題
与えられたモチーフを台紙の上にセットし、鉛筆でデッサンしなさい。定規、コンパス、デッサンスケールは使用不可とする。 ※はかり棒は使用可。スケッチブック等、下書き用の紙は切り離した場合のみ使用してよい。
条件
  • 1. 机の上においてある計量カップ、荷造り紐、木製ハンガーをすべて組み合わせること。荷造り紐はそのままではなく引き出して伸ばすこと。※引き出す長さは机の奥行き(約40 センチ)×2=約80センチ以上とすること。
  • 2. 台紙は描かなくてよい。
  • 3.用紙は横位置で使用すること。名前の欄が右上に来るようにすること。
鉛筆デッサン出題のねらい
すべての受験者が共通のモチーフを用い、時間内で行います。モチーフはセットで一人ずつに渡されますので各自が自分の机の上でモチーフを組み、カルトンに画用紙をセットしてのデッサンになります。デザイン学科のデッサンは対象物をよく観察し正確なプロポーションがとれているかを見ます。最終的にはモチーフに対する観察力・表現力といった総合的なデッサン力を重視します。
鉛筆デッサンアドバイス
デッサンは短時間の練習でうまく描けるモノではありません。計画をたて、基本に沿った練習をコンスタントに行って下さい。まずは円柱や立方体など基本形を正確に描けるように心がけてください。対象物をよく観察して形状や素材感をじっくり分析してみてください。最終的には自分でモチーフを組み、試験時間にあわせた練習で自分のペース配分を把握しておくことが大切です。